delfonics singles discography

デルフォニックス(The Delfonics)はフィラデルフィア・ソウルのヴォーカル・グループ。 1960年代後半から1970年代前半に活躍した。 代表曲には『 ララは愛の言葉 (英語版) 』『Didn't I (Blow Your Mind This Time)』『Break Your Promise』『Tell me This is a Dream』などがある。 【発売記念】ロルバーン ポケット付メモとコラボした、10組のアーティストを一挙紹介! お問い合わせ窓口 0120.987.103 ※WEB SHOPに関するご質問のみ承っています 受付時間(平日) 10:00 AM - 8:00 PM メールでのお問い合わせ The Delfonics Top Songs Top Songs / Chart Singles Discography Major Harris • Randy Cain • Wilbert Hart • William Hart Search in Amazon.com.co.uk.ca.de.fr.es.it eBay Wikipedia Songs Albums Video playlist - … The Delfonics were most popular in the late 1960s and early 1970s. The Delfonics are an American R&B/soul vocal group from Philadelphia, Pennsylvania, United States. Top 40 not enough for you? All the singles and albums of DELFONICS, peak chart positions, career stats, week-by-week chart runs and latest news. Major Harris • Randy Cain • Wilbert Hart • William Hart, ①  La-La Means I Love You by The Delfonics, He Don't Really Love You by The Delfonics, Ready or Not Here I Come (Can't Hide from Love) by The Delfonics, ④  You Got Yours and I'll Get Mine by The Delfonics, ②  Didn't I (Blow Your Mind This Time) by The Delfonics, Trying to Make a Fool of Me by The Delfonics, When You Get Right Down to It by The Delfonics, ⑤  La-La Means I Love You by The Delfonics, Walk Right Up to the Sun by The Delfonics, I Don't Want to Make You Wait by The Delfonics, US charts info based on Billboard (www.billboard.com) charts The only place you can view this week's Top 100 Official Albums Chart is now live ➡️…, Every artist who has scored the Official UK Chart double, Every Number 1 album by a female solo artist, Ariana Grande scores Official Chart Double with Positions, LadBaby teams up with Walkers for Sausage CaRoll TV advert, The female solo artists with the most Number 1 albums, Cliff Richard breaks all-time Official Albums Chart record, Dermot Kennedy & Meduza claim highest new entry on Official Irish Singles Chart, Ariana Grande streams her way to a fourth Irish Number 1 album, READY OR NOT HERE I COME (CAN'T HIDE FROM LOVE).

デルフォニックス(The Delfonics)はフィラデルフィア・ソウルのヴォーカル・グループ。1960年代後半から1970年代前半に活躍した。, 代表曲には『ララは愛の言葉(英語版)』『Didn't I (Blow Your Mind This Time)』『Break Your Promise』『Tell me This is a Dream』などがある。トム・ベルと、グループのリーダーWilliam Hartがこれらのの楽曲を作曲した。, 彼らの楽曲の使用例としてはクエンティン・タランティーノの1997年映画『ジャッキー・ブラウン』で『ララは愛の言葉(英語版)』と『Didn't I Blow Your Mind』があげられる(主演はパム・グリア)。, 彼らの楽曲は、ジャクソン5, ローラ・ニーロ, ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック, ザ・ジェッツ, トッド・ラングレン, プリンス, スウィング・アウト・シスター、フィル・ペリー、ウィル・ダウニング、マーヴィン・ブラウンといったミュージシャンにカバーされた。, 1960年代にフィラデルフィアの高校で出会った、WilliamとWilbertのHart兄弟, Ritchie Daniels, Randy Cainで結成。最初の録音は『He Don't Really Love You』で、Moon Shotレーベルで、1966年だった。Danielsはドラフトされ、脱退(1968年)。, メンバーはカメオ(Cameo)・レーベルで、プロデューサーのStan Watsonから若き日のトム・ベルを紹介された。ベルはそのころチャビー・チェッカーの曲を製作していた。カメオで"You've Been Untrue"を録音、小ヒットした。, デビュー・アルバム『La La Means I Love You』はWatsonのレーベルPhilly Grooveレコードから発売され『ララは愛の言葉』が1968年にポップ、R&B両チャートでヒットした[1]。100万枚以上売れ、ゴールド・アルバムとなる。[2] 以降数年間でベル制作アルバムをさらに四枚出した。『The Sound of Sexy Soul』『The Delfonics Super Hits』『The Delfonics』『Tell Me This Is a Dream』。"Didn't I (Blow Your Mind This Time)"はグラミー賞を受賞した。"(For The Love) I Gave To You", 後にジャクソン5やフージーズがカバーした"Ready or Not Here I Come (Can't Hide from Love)","Hey Love"などもヒットした。『ララは愛の言葉』以前に"He Don't Really Love You"を弱小レーベルMoonshotから1966年に出し、ヒットさせていた。, トム・ベルは「最初に彼らとやったときはストリングスとかオーケストラを入れる金なんて全然なくてさ、ほとんどの楽器を僕自身が演奏してたよ」と振り返っている。, "Didn't I (Blow Your Mind This Time)"もミリオン・セラーとなりで、1970年にR.I.A.A.が「ゴールド・ディスク」認定。[2], Randy Cainが1971年に脱退、1973年にブルー・マジックに加入し、"Sideshow"がヒットした。グループには、替わりにメイジャー・ハリスが参加。トム・ベルはスタイリスティックスやスピナーズの制作に移り、デルフォニックスはアルバム『Alive & Kicking』をStan Watson製作で発表したが売れず、"Hey Love"、"When You Get Right Down to It"などがわずかにヒットしたのち1975年以降は下降線をたどった。トム・ベル離反以降の曲を書いたのはWilliam Hartだった。, 1975年前後にふたつのグループに分裂。片方はMajorとWilbert,元FuturesのFrank Washingtonのグループ。(Major Harrisはソロで"Love Won't Let Me Wait"がヒット)。, 他方はWilliamと新メンバーだった。一時期は複数の「デルフォニックス」がツアーしていた。, Major HarrisはWilliamの「デルフォニックス」に移った(1980)。Randy Cainが戻ってきたりまでした。[4] [5], 1980年代、1990年代もグループは音楽活動を続けた。ウータン・クラン一派のラッパーゴーストフェイス・キラーの1996年のアルバム『Ironman』の"After the Smoke has Cleared"という曲に参加した。ノトーリアスBIGは"Hey Love"を"Playa Hata"でサンプリングしている(1997)。1996年、ナズは"Walk Right Up To the Sun"のサビのメロディーを"If I Ruled the World"で使い、当時人気絶頂のフージーズのローリン・ヒルが歌った。, ミッシー・エリオットとティンバランドは"Ready Or Not Here I Come"をヒット曲"Sock it 2 Me"でサンプル。ゴーストフェイス・キラーは"La La Means I Love You"を"Holla"で使用。イージー・イー, ギャング・スター, Ed OGが"Trying To Make a Fool of Me"を使用。, 2001年の映画『天使のくれた時間』の結婚式のシーンでニコラス・ケイジ扮する主人公が"La La Means I Love You"を歌った。, Ready or Not Here I Come (Can't Hide from Love), https://www.billboard.com/music/the-delfonics/chart-history/BSI, https://web.archive.org/web/20090415122029/http://www.philly.com/philly/blogs/phillygossip/Delfonics_singer_Randy_Cain_dies_at_63.html, The Dead Rock Stars Club 2009 January to June, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=デルフォニックス&oldid=79278260, "He Don't Really Love You"/"Without You" Moon Shot 6703, "You've Been Untrue"/"I Was There" Cameo-Parkway 472, "I'm Sorry"/"You're Gone" Philly Groove 151, "Break Your Promise"/"Alfie" Philly Groove 152, "Funny Feeling"/"My New Love" Philly Groove 156, "You Got Yours and I'll Get Mine"/"Loving Him" Philly Groove 157, "Trying to Make a Fool of Me"/"Baby I Love You" Philly Groove 162, "When You Get Right Down to It"/"I Gave To You" Philly Groove 163, "Walk Right Up To the Sun"/"Round And Round" Philly Groove 169, "Tell Me This Is A Dream"/"I'm A Man" Philly Groove 172, "I Don't Want to Make You Wait"/"Baby I Miss You" Philly Groove 176, "Lying to Myself"/"Hey Baby" Philly Groove 184.

Major Harris III (February 9, 1947 – November 9, 2012) was an American R&B singer, associated with the Philadelphia soul sound and the Delfonics (early 1970s–1974).

UK charts info based on, Music VF  © 2007-2020 Howard Drake / VF Entertainment. -DL Singles-12.06.27発売 「涙にあきたら」 12.05.30発売 「祈れ呪うな」 11.07.20発売 「あたらしい友だち」(配信限定チャリティーシングル) 09.12.09発売 「小さなおとなたち」 09.08.05発売 「セレーネのセレナーデ」 His biggest hit as a solo artist was the sultry 1975 single " Love Won't Let Me Wait ". Cliff Richard has now scored a Top 5 album in EIGHT consecutive decades: Top 40 not enough for you?   •  



Scoot Mcnairy Once Upon A Time In Hollywood, Spitfire Facts, Mondo Trasho Fall Out Boy, Under The Wire Wine, British Citizen, Peach Iced Tea Powder, Best Pubs In Vienna, Daffy Duck Animator's Revenge, League Of Gentlemen 1959 Cast, The Granny Game, Oppo Phone, Bn7 1aa, Whole Foods Quality Decline 2019, Yessirski Instrumental, Whole Foods Hudson Yards Address, Michael Sloan Linkedin, Poppy Pictures To Colour, Raid Full Movie Watch Online Dailymotion, Charring Food, The Piano Teacher Self-mutilation, Obergefell V Hodges Standard Of Review, Nba Jam Pc, Amazon Co Uk Gp Buy Addressselect Handlers Display Html Hasworkingjavascript 1, George Karas Apple, Luxury Apartments State College, Pa, Shopbop Sale Picks 2020, Elmont News, Maha Kerikeri, Cherokee Nation V Georgia Apush, Ben Taub Pulitzer, Aerial Business, Ncaa Soccer All-american Team 2019, Golden State Tour Twitter,